気まぐれ日記

伝えたいこと、そのままに。
日々の気まぐれ日記を綴ります。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 気まぐれ日記
  4. 単身赴任で我が子と会えなくなるかもしれない
京都,奈良,滋賀,育児相談,子育て相談,大津,草津

単身赴任で我が子と会えなくなるかもしれない

奈良県奈良市にお住いのSさんのお話です。

育児相談・子育て相談というか、夫婦げんかですかね?

奈良市から京都市に転勤になるそうです。

まだ新婚で、赤ちゃんが生後3ヶ月という時期。

先に結婚をしていて、もう家を建ててしまっている。

順調であり順番通りだったんですが、まさか転勤になるとは。

奥さんは反対&引っ越ししたくないという意見だそうで、すぐケンカになりケンカしたままだそうです。

奈良にいれば奥さん方の実家が近くて実家のサポートを受けられるけれども、京都に引っ越してしまうと奥さんは一人ぼっちになってしまい、

子供を預けられる先もなくなるし、子供を預けて遊ぶ相手もいなくなるし、何かあっても常に赤ちゃんと二人っきりになってしまう、それが嫌だと。

Sさんからすれば「何が嫌なんだ」と。

「奈良と京都なら近い。何かあれば奈良の実家に遊びにでも泊まりにでも行けばいい。とりあえず家族で京都に移るのが筋だろう?」とSさんは思う。

しかし奥さんは「まだ3か月半やで?そんなにしょっちゅうアッチコッチ連れまわせるかいな!」と怒る。

Sさんは「そんなこと俺に言っても仕方ないやろ!」と怒る。

なんだかんだで、奥さんは怒ったまま実家に帰ってしまってるそうです。

え、そのまま?

「はい、もう2週間後には引っ越しの予定なんですけど」

奥さんは絶対に行きたくないって感じなんですね。

「そうなんです。どうしたらいいですかね?」

えーっと、転勤を嫌がることは出来なかったんですよね?

「はい。もちろん家を建てたところで住宅ローンがとか、子供がまだ産まれて間がなくてとか、言いましたけど」

問答無用だったんですね。じゃあ京都に移ることは決定という。

「はい。でも1年で奈良に戻る予定なんですよ」

あ、そうなんですか。長いような短いような。

「中途半端でしょ?でも一応、賃貸じゃなくて家を建てたってことを考えてくれたみたいで、割と早めに戻れるようにはしてくれてるんですよ」

じゃあ、まだ良かったとSさんは思ってる?

「そうですね。まだマシかな、と」

仮に1年だとして、奥さんは最初から最後まで行きたくないって?

「そうなんですよ。信じられないですよ」

信じられない?

「だって、嫁の希望通りにするとしたら、僕が一人で1年間ずっと京都で一人ぼっちになるってことでしょ?新婚で、子供が産まれたトコやのにヒドくないですか?」

まぁ、そうですね。わかります。けど、そのSさんの気持ちを伝えても奥さんはイヤ、って?

「はい。僕の気持ちは関係ないみたいで」

関係ない?

「なんというか、転勤することになったのは僕の勝手で、なんでそれに付き合わなアカンねん、みたいな」

いやいや、Sさんが行きたくて転勤になった訳じゃないでしょ?

「もちろんです!ちょっと通勤が長くなるって程度ならまだしも、引っ越ししないといけないのは困るってちゃんと会社に言ったんですけど、嫌がれなかったんです」

そうですよね。うーん。けど、転勤について行ったら、生後3か月の子を抱えて奥さんが一人ぼっちになる。自分だけならまだしも、赤ちゃんに何かあったらって考えたんでしょうね。

「それもわかるんですけど。でも、じゃあ家族が離れ離れになってもいいってことですか?それが僕にはちょっと」

わかりますよ。私も男ですから。どちらかと言うとSさんと同じ考え方です。基本的に家族は一緒にいるものって当たり前のように思いますよね。

「そうでしょ!?」

でも、まぁこういう時だいたい男と女は分かれるもんで、奥さんが言うのもわかります。

「えぇ!?そうなんですか?」

はい。個人的に理解して共感できるというより、立場上、女性の考え方を聞く機会が多いのでそういう意味で女性の気持ちがわかるようになってきたって感じです。

「じゃあ、こういう場合って僕が一人で奈良を出る形になりそうって思います?」

思います。

「マジですか・・・」

Sさんは(まさか家族がバラバラになっていいと思うんか?ビックリするわ)って思いますよね?

「はい」

でも奥さんはそれよりも(私ついていったら私一人ボッチになるやん。どうないせぇ言うんよ。嫌やわ)って思ってもおかしくない気がします。

「えぇ!?ホンマですか?」

奈良の今の家にいれば、実家に近くて友達もいて、行き慣れた産婦人科とか内科もあって、もう今の生活に慣れてるでしょうし、もしかしたら(やっと今の生活に慣れたのに)って感じかもしれないですよね。

「はい。それはわかります」

けど、奈良を出てしまうと、京都でまた一人で(買い物はどの店?産婦人科はどこ?内科はどこ?友達はおらんし、話相手もおらんし)って。まして1年で奈良に戻れる予定だとしたら余計にしんどく思って(アンタだけ行ったらえぇやん。休みの時に帰ってきたらえぇやん)と思うのは不自然じゃない気がします。

「うそぉ!それ不自然じゃないんですか?」

まぁ奥さんと話したことないし、京都に知り合いとか友達がいるかいないかわかりませんけど、女性は腰が重いんですよ。

「・・・結婚したのに?」

はい。結婚したけど、(転勤は聞いてなかった。転勤はアンタの都合)みたいに思っても仕方ないです。だって奥さんからすれば専業主婦になって、家も決まって、子供も産まれて、やっと落ち着いた頃って感じでしょうから。

「まぁ。たしかに」

現に行きたくないって言ってて実家に帰ってて、自分の引っ越しの準備とかSさんの荷物の準備もしてない状態なんですよね?

「はい」

じゃあ、それぐらいそもそも転勤には反対で、ましてや自分も行くとは考えられへんって思ってるんじゃないですか?でも、奥さんの気持ちもわかりますよ。

「そうなんですか?」

うん。仕事に対する従順さがそもそも男と女で違うのと、転勤になったのはSさんで、奥さんが強制的に行かないとダメということではないので、奥さんからしたら納得しにくいのは仕方ないです。

「あぁ、まぁ・・・。でも結婚したのに?」

それはまた別ですね。何でもかんでも「結婚したから」で解決はできません。と、思っといた方がいいです。

「そうなんですか・・・」

いや、私からすればSさんの気持ちもわかりますよ。一緒に京都に行かなかったらSさん一人ぼっちになるんですもんね。それがSさんには信じられない。ついてきてくれて当たり前って思ってたもんね。

「そうそう、そうですよ・・・」

とりあえず、改めて絶対に怒らないようにしながら奥さんと1回、顔を見ながら話を・・・・・・

というような話がありました。

奈良と京都。

そんなに遠い訳ではないけど、通うには遠すぎる。

引っ越すと環境が変わりすぎる。

二人とも愛情がない訳じゃない。

新婚で、新築の家を建ててすぐの試練。

Sさんが悪いことをしたということじゃない。

奥さんが自分勝手という訳でもない。

難しいですね。

関連記事

error: Content is protected !!